2/10(水) 13:07配信

米国で新型コロナワクチンの接種後、口の中での過多出血が発生し死亡した事例が報告された

米国で新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種後、口の中での過多出血が発生し死亡した事例が報告された。 【写真】もっと大きな写真を見る 9日(現地時間)ニューヨークタイムズ(NYT)によると、米マイアミの在住者(56歳)はワクチン接種後 口の中で出血が発生し入院したが、その2週間後 脳出血で死亡した。 現在まで 米国のワクチン副反応申告システム(VAERS)に報告された事例は、36件に達している。接種後1日から3日が過ぎて出血症状が表れたという。 これは モデルナ社ワクチン、ファイザー社ワクチンでも同様に表れている症状である。しかし はっきりとした原因はわからないままである。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

新型コロナ 症状

新型コロナ ワクチン

ファイザー ワクチン

コロナワクチン、高血圧や糖尿病など持病がある人は?【医師の解説】webマガジン mi-mollet

南アフリカがワクチン接種を一時見合わせ共同通信

コロナワクチンと飲み合わせの悪い薬は?【医師の解説】webマガジン mi-mollet